スタッドレスタイヤ

タイトル_スタッドレス

スタッドレスタイヤってなに?

クルマが雪道や凍結した道路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種です。
ずっと昔は、スパイク(スタッド)がついたタイヤが使われいましたが、スパイクが道路のアスファルトを削ってしまい、粉塵公害などの問題が発生したので、スパイクのない冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)が開発されました。

そもそもどうして滑るの?

ダンロップ・タイヤの基礎知識より

ダンロップ・タイヤの基礎知識より


一昔前、スタッドレスタイヤのCMコピーで、「乾いた氷は滑らない」なんていうのがありました。
まさにその通りで、凍った路面で滑りやすい原因は、氷そのものではないのです。
氷が融けてできる水が、氷の上に水の膜を作るからなのです。
この水の膜が氷とタイヤの間に入って、タイヤを滑らせるのです。

 
 

スタッドレスタイヤはどうやって滑らなくしているの?

スタッドレスタイヤには、普通タイヤに比べて以下のような特徴があります。

深い溝

ブリジストン・スタッドレスタイヤのメカニズムより

ブリジストン・スタッドレスタイヤのメカニズムより


スタッドレスタイヤのトレッド面には、普通のタイヤより深い溝がみられます。これは、積雪路で雪を溝が噛むようにして圧縮し、その「雪柱剪断力」によって駆動力(トラクション)を得るためのものです。
 
 
 
 

 

サイプ

ヨコハマタイヤ・GEOLANDAR I/T-S解説より

ヨコハマタイヤ・GEOLANDAR I/T-S解説より


スタッドレスタイヤの溝を構成するブロックにサイプと呼ばれる細かい溝が切られています。
この細かい溝が、氷上に存在する水を毛細管現象で吸い取り、乾いた氷とし、タイヤをグリップさせます。
また、サイプの生み出すエッジ効果で、タイヤが氷をひっかき制動力を発揮します。
サイプの形状はタイヤメーカー各社でそれぞれです。タイヤが横Gを受けたときにくじけないようにしたり、より多くの水を吸水させる形状にしたり、工夫をこらしています。
 

コンパウンド

ウメモトタイヤグループ・スタッドレスタイヤについてより

ウメモトタイヤグループ・スタッドレスタイヤについてより


スタッドレスタイヤのゴムは低温でも路面への密着に必要な『やわらかさ』を失わず、また常温でも溶けないよう通常のタイヤとは異なるゴムを使用しています。
タイヤメーカー各社は、ゴムに吸水ポリマーやシリコンなどを練りこみ柔らかさを保ちつつ、サイプのエッジを機能させるように工夫したり、タイヤの減りを軽減させたり、ころがり抵抗を低く抑え燃費を確保するなどの工夫をしています。

 
 
 
 
 

スタッドレスタイヤの寿命って?

プラットホームとスリップサイン

プラットホームの場所

スリップサインプラットホーム
夏・冬含め、タイヤには『スリップサイン』という限界値を示すサインがあります。
スタッドレスタイヤには、それとは別に『プラットフォーム』という、スタッドレス機能の限界値を示すサインがつけられています。
この『プラットフォーム』が露出すると、スタッドレスのすべり止め機能は終了です。
 
 
 
 
 

ゴムのやわらかさ

『コンパウンド』のところでも書きましたが、スタッドレスタイヤは『ゴムが柔らかであること』が重要です。
プラットフォームが露出していなくても、ゴムが硬くなってきたら交換時期です。
ゴムの硬さは専用の硬度計で計測します。
どのメーカーもおおむね4年前後は柔らかさを保持できるようです。

ひろもスタッドレスセット

ブリジストン・ヨコハマタイヤ・ダンロップ・ミシュランなどの一流メーカータイヤをご用意しております。
純正ホイールがついたセットや、お安い社外ホイールのセットもあります。
スタッドレスタイヤのご用命はぜひ広石モータースへ!
 
2015-2016 ひろもスタッドレスタイヤセット価格表(pdfファイル)
 
スタッドレスタイヤ全体A4