エンジンオイル

エンジンオイルってどうしてメンテナンスフリーじゃないの?

最近、トランスミッションオイルや、エンジン冷却液は10万キロ交換不要や、20万キロ交換不要のほぼメンテナンスフリーともいえるものが登場しています。
けれど、エンジンオイルは相変わらず一定期間での交換が必要です。
それは、なぜか?
エンジンオイルがさらされる環境が過酷なうえに、いくつもの役割を果たしているからです。

エンジンオイルの過酷なおしごと

エンジンオイルイラストエンジンオイルの職場はエンジン内部となりますが、ここでのおしごとは過酷です。
2000度ほどにもなる燃焼ガスにさらされたり、毎分7000往復もするピストンとシリンダーの間に入ったり、かと思えばガソリンが燃えたあとのカス掃除をさせられたり・・・・・・。
まさに、『高温』・『過酷』・『汚い』、がそろった3Kブラック職場です。
そんな職場で毎日働いていると当然のことながら疲労が蓄積します。
ある程度働いてもらったら交代してあげないと、エンジンオイルが仕事をリタイヤして、文字通り職場(エンジン)が上手く回らなくなってしまいます。
では、エンジンオイルはどんな仕事をしているのでしょう。少し詳しく見ていきましょう。

エンジンオイルの仕事

潤滑

エンジン内部(シリンダー内)では「ピストン」を始め、「クランクシャフト」や「カムシャフト」などが1分間に数百~数千回転の高速運動をします。そのために生じる金属同士の摩耗や焼き付きなどを軽減するため、エンジンオイルで潤滑する必要があります。

密封

エンジンオイルは、圧縮ガスや爆発ガスが漏れないように、ピストンとシリンダーの隙間を埋める役割を果たしています。
エンジンオイルの潤滑の仕事が十分に果たせないと、ピストンとシリンダーが共に磨耗し、隙間が大きくなってきます。そうすると、オイル漏れしていないのにオイルが減るという現象が起こります。
隙間がオイルではシールできないぐらいに広がり、オイルが燃焼室に入り込み、ガソリンといっしょに燃えてしまっていることが多いです。

洗浄

エンジンは燃焼や回転運動によって、様々な汚れ(スラッジ)が発生します。この汚れが溜まると、エンジンの性能を低下させるだけでなく、エンジンの寿命の低下にも影響します。エンジンオイルには、これらの汚れが特定の場所に留まらないように自ら汚れを吸着したり、分散することも重要な役割となっています。
エンジンオイルが黒く汚れていくことは、仕事をしている証です。

冷却

エンジン各部は燃焼や摩擦によって、とても高温な状態になっています。エンジンオイルには、これらの高熱を冷却する役割も担っています。

防錆

エンジン内は燃焼の熱によって、とても高温な状態になっています。そのため、外との温度差などにより水分が発生しやすく、それが「錆」の発生原因にもなっています。
エンジンオイルはサビを防ぐバリアの役割も担っています。

オイルエレメントはエンジンオイルの相棒

オイルエレメントの仕事

オイルエレメント
エンジンには、オイルエレメントという部品が取り付けられています。
オイルエレメントは、エンジンオイルの頼りになる相棒です。
エンジンオイルが過酷な現場で集めてきたススや汚れをキャッチしてくれます。
オイルエレメントが高性能だと、エンジンオイル自体が楽になりますし、エンジン内部も清浄に保てます。

オイルエレメントは純正を使おう!

オイルエレメント中身の比較
オイルエレメントはスバルが作ったものを使うのが通常ですが、この世知辛いご時勢ですから、純正以外の互換部品が存在します。プリンターの非純正互換インクと同じで、ちょっと安いです。
オイルエレメントはぜひ純正を使いましょう。
互換エレメントは、写真のようにろ過紙の分量が少ないです。ろ過紙が少ないということは、キャッチできる汚れも少ないということです。つまり、十分な性能が発揮できない可能性が高いのです。

ヒロモのエンジンオイルラインナップ

ヒロモでは3種類のオイルを取り扱っております。
近年ではお車の省燃費化が進み、燃料少なめでエンジンを燃やす、燃焼の「リーン化」が進んでいます。
これは省燃費にはよいのですが、燃焼温度が上がってしまうというデメリットもあります。
このため、エコカーには、燃焼温度の上昇に対応し、かつ低粘度で、攪拌抵抗が少ないオイルが最適です。
また、逆にスポーツカーなどでは、ここ一発の燃焼圧が高くなるので、あらゆる温度で粘度を保てるオイルが必要になります。
お車にマッチしたオイルを選びましょう。

 Super Synthetic BlendSPECIFIC HYBRID8100 X-CESS300V
76_5w30motul_0w208100xcessMotul_300V
SAE粘度5W-300W-205W-4010W-40
API 標準規格SNSMSL/CFSM相当
適応車両全車OKエコカーターボ車
スーパーチャージャー車
スポーツカー
ターボ車
スーパーチャージャー車
スポーツカー
特長部分化学合成
100%化学合成
省燃費型
100%化学合成100%化学合成
ESTER Core® (エステル・コア) テクノロジー
説明GM社やフォード社のほか、数多くの外国車にも推奨されている省エネ/ガソリン節約型モーターオイル。
高性能エンジンやターボ車にもおすすめします。
近年急速に普及しているエコカーに求められる省燃費性能と将来のニーズに応えるべく、先駆けていち早く専用開発された100%化学合成オイル。
0W20の粘度を保ちながら、省燃費性能を最大限に発揮します。
高い清浄分散性能を要求するACEA B4に適合し、また高い清浄分散性と省燃費性能を要求するMB229.3に適合し、MB社指定のドレインインターバルに対応します。
特に、高出力スポーツモデルの車輌への使用に最適。
新しいMOTUL 300Vは、エンジン出力の向上と信頼性の確保を高次元でバランスさせた、最高峰の自動車用エンジンオイルです。

価格

オイルのみ

オイル&エレメント交換
上記価格は工賃および消費税8%を含みます。お車によって、オイル量など多少前後する場合がございます。